« 男性用化粧品 | トップページ | Askビデオサイト »

お手軽に@中国茶器のチンシャン

今回 中国茶器のショップとしてご紹介するのはチンシャン

画像の茶器は 中国茶器の発祥の地、江蘇省の宜興(ぎこう)を代表する陶土で作ったもの。
紫砂(しさ)が原料が深い紫をしているためにそのなが付いたそうで。

写真を見てもらうと分かると思うけど 茶器もちょっと素朴だけど赴きある色をしています。

このチンシャンでは他にもいろんな茶器を扱っていて黒泥シリーズも気に入っているんですが・・今回はこの紫砂シリーズのちょっと豪華なタイプを載せてみました。サイトにいくともっとお手軽な値段でいろいろあります。

個人で本格的にやると それも気ままにやるとなかなか大変な茶道と違って 中国茶はお茶葉さえあれば気軽に楽しめるところがいいですね。

でも そこにちょっと奮発して茶器を揃えるだけでぐっと楽しみは深くなります。

今はデパートでもちょっと本格的に中国茶を楽しめるスペースを設けている所もあるから知っている人も多いんじゃないかな。
(わたしもそういうショップをよく利用しています)
細長い方の杯は香りを楽しむもの。
口の広い方の杯は実際に飲むためのもの。

コレだけ知っていれば あとは多少間違っていても楽しめます。(笑)
(でも 本当に茶葉を生かしたいのなら他の道具もちゃんと使えれば驚くほどお茶がグレードアップしますよ)

1つの器で味と香りと見た目を楽しむ日本のお茶とはちょっと違いますよね。

また この茶器たちが小さくて おままごと道具みたいでまた可愛いのだけど お茶の美味しさ・楽しさ・香りだかさを引き立てるために作られた茶器たちは その可愛さ以上に活躍してくれます。

お手入れも簡単だから のんびりしたい時に 仲のいい友達と茶器を囲んでちょっと本格的に中国茶を楽しむのもいいですね。

もっと気軽にお茶を楽しみたいという人なら 耐熱性のガラスマグも扱っています。
こちらは 工芸茶(葉や花を束ねたお茶で お湯の中にいれると花が開いたみたいにきれいな物です。種類はいろいろあります)などをいれて お湯を注げば ガラスごしに目で楽しみならお茶を飲めます。

いろんな楽しみ方があるのが中国茶・中国茶器の楽しさですね。

|

« 男性用化粧品 | トップページ | Askビデオサイト »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お手軽に@中国茶器のチンシャン:

« 男性用化粧品 | トップページ | Askビデオサイト »