« まだ間に合う | トップページ | 海外見積ナビゲーター »

考える将来

まだまだ・・老後・・というには 早いと思いつつ 早い早いといっている間に流れてしまうのが時なんだよね。

最近は 政府の補助なんて・・年金も怪しいし・・
じゃあ 個人でどこかホームか介護を・・なんて思っても それはそれでちょっと前にいやなニュースあったし・・・(-_-;)

うちの家庭の場合 子供は娘二人だ。

「老後は娘さんに?」

なんて聞かれそうだけど ちゃんと最初の子供が生まれたときに夫婦で話し合っている。

子供から言い出したときは考えるけど 基本 子供の人生は子供のもの 親の人生は親のものとして老後は自分たちで生きていこうね と。

ただ 現実は厳しいし 子供に頼らず・・となると 最後の最後はできれば老人ホームなのかなぁ・・なんて思っちゃいます。

有料老人ホーム

よく聞くし あちらこちらに施設の看板がたっているのも見るけど だからこそ じゃあ どこがいいのか・・そんなのわかりませんよね。
入居している人に話を聞けるのが一番かもしれないけど・・

そこで見つけたのが『賢い老人ホームの探し方』ってサイトです。

老人ホームに対する基礎知識はもちろん 実際に 条件を入力して施設をさがすこともできます。
お勧め施設の紹介もあるので その施設を参考・基準にして探すのがいいかもしれないですよね。

うちじゃ まだ老人ホームを利用した親族はいません。
だから 有料と公的の違いなんか 施設の豪華さ・・なんていう程度の先入観しかありません。
反対にいえば 有料なんだから これくらいしてくれるでしょう・・なんていう間違った考えもあるかも・・。
しかも有料老人ホームにも いろいろ種類があるし・・やっぱり 情報収集できる場ってこれからの時代絶対必要ですよね!

そういう意味でわたしがすっごく参考になったページは 老人ホームの基礎知識 です。 

うちはできればお金もないし 贅沢言わないから 夫婦で公的老人ホームに入れればいいなぁなんて思っていても・・そこには無料・もしくは低めの料金ゆえに厳しい条件もあれば 希望者多数のための空き待ち状態もあるらしいのです。

わかってはいたつもりでしたが・・・条件 思った以上に厳しかったです。

公的老人ホームには「特別養護老人ホーム」「養護老人ホーム」「軽費老人ホーム」の3つがあって・・もしも うちが入れるとしても「軽費老人ホーム」かなぁ・・・
自分がまず公的老人ホームのどこに入れるのか 入れないのか・・そこから知るのって大事ですよね。

その上で 公的にいくのか 有料にいくのかの選択があり・・

その有料老人ホームでも「健康型」「住宅型」「介護型」の3つがあるのです。
サイトには それぞれのメリット・デメリットも書いているので 自分が望む老後を一番送れそうな選択をすることが大事だとよくわかりますよ。   

ちょっとでも気になった人は・・有料老人ホーム のサイトを是非チェックしてください。

|

« まだ間に合う | トップページ | 海外見積ナビゲーター »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 考える将来:

« まだ間に合う | トップページ | 海外見積ナビゲーター »