« 大人も子供も大好き? | トップページ | 美味しい? »

日本土産のLED

季節はすっかりクリスマス時期。

町中もクリスマスイルミネーションで輝いていますよね。

いつも「キレイだ~♪」って見ているイルミネーションだけど・・かつては電飾と言われていたこのイルミネーションが 今は多くはLED (発光ダイオード)になっているってこと知っていましたか?

LEDって 名前は知っていたけど・・電飾とどう違うのか実はわたし知りませんでした。

LEDって消費電力が少なく長持ちするし 色も鮮やかってことで今やあちらこちらで普及しているそうなの。
この前見たTVでなんと日本土産に 外国の方がこのクリスマス用のLEDライトを買っていくっていう話を聞いたんですね。
LED自体は イリノイ大学のニック・ホロニアックによって1962年に開発されたんだけど その後の実用化はいろんな色のもの含めて日本が主らしいのです。
それで 日本のLEDは外国に比べ すごく安く キレイなものが手に入るってことで人気があるんだって。(^^)

日本に住むわたしたちは きれいに輝くイルミネーションの光を当たり前のように見ていたけど すごく恵まれているんですね♪

そう思って見ると 町中のイルミネーションは いつもより光り輝いているようにみえませんか?(^^)

LEDは 他にも家庭のスタンドライトなどのインテリア照明器具にも使われているんだって。

LED照明 まであるなんて もうLEDって 日本人の生活に本当に当たり前のように普及しているんですね^^

|

« 大人も子供も大好き? | トップページ | 美味しい? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本土産のLED:

« 大人も子供も大好き? | トップページ | 美味しい? »