« 我が家のお茶づけ | トップページ | 人材派遣の基礎知識 »

何のために?誰のために?

留学ってなんのためにするんでしょうか?

ん~・・・なんか 当たり前すぎることを聞かれて思わず答えに詰まっちゃいそうです。

語学力をつけたいからじゃないの?
だって よく語学留学って言うじゃない?

わたしは そう思っていました。

わたしには留学経験はありません。
友人には 留学をした人がいます。

彼女のことを思い出したときに ふと思ったのです・・・彼女は確かに”語学留学”をしました。(それで学校を通して留学したから)
でも 彼女自身 既に英検などもバリバリ受けて 語学的にはかなりのレベルにいたのです。
少なくても日常会話をするくらいでは不自由はしてなかったと思います。
その彼女が 留学を選んだとき 単にわたしは”生きた英語に触れたいんだろう”としか思っていませんでした。
彼女も ひょっとしたら・・そう思って留学したのかもしれません。

だけど 帰国した彼女の口から語られたのは 留学先での語学勉強のことではありません。

ホスト先の家庭のこと・その考え方や悩み 日本と言う限られた世界で生きてきた自分と外国とのギャップや今までの自分についての考え・・・

留学することが”目的”じゃないんですよね。
その先に 何かがあって そこに到達するための手段として 留学があったんです。
彼女が 留学で得たことは 語学だけじゃなく 大きな世界から見た日本や自分を考えることであり そこで得た人生観こそが それからの彼女の糧になる大きなものだったんですよね。

正直・・わたしがそれに気がついたのは 本当に最近です。

それがわかったのは「迷い続ける25歳の退職届」」という本の中の言葉たちからです。
この本はフィジー留学にいった3000人の言葉がかかれています。

フィジーは自然と人間が共にいき ゆっくりと時間が流れていきます。
だけど そこはただ楽な天国ではなく 人が人として自然の中に生きている・・そんなものを感じられる土地なんだそうです。
フィジーの公用語は英語だし サウスパシフィックフリーバードのフィジー留学を利用すると1週間で59,800円という格安の料金でいけちゃうのです。
(授業料、テキスト代、ホームステイ代も含んでいますが 渡航費は別)
何故 こんなに安いかはサウスパシフィックフリーバードが 空いたまま利用されていないフィジーの小学校の教室の再利用とフィジー政府が雇用できない教師の雇用をフィジー政府に約束して フィジー政府から学校法人としての認可を取得しているからなんですね。

このすごくお得なプログラムを利用して これまでフィジーへの語学留学をした人たちがもうこれまでに3000人以上もいるというわけです♪
その彼らの声がこの「迷い続ける25歳の退職届」に集められています。

今日本では 目的・目標をみつけられない若者が増えてきていると言われています。

「自分で自分の人生を作る生き方をしませんか」そう話しかけているこの本を読んで 自分の人生観を考えてみませんか。^^  

|

« 我が家のお茶づけ | トップページ | 人材派遣の基礎知識 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何のために?誰のために?:

« 我が家のお茶づけ | トップページ | 人材派遣の基礎知識 »