« 予算重視の学生旅行 | トップページ | カメラもっていますか? »

本格焼酎と混和焼酎

焼酎って飲みますか?

焼酎の原料には米・麦・芋などいろいろありますよね。
わたしは九州なんだけど こっちじゃ 芋焼酎って多いね。(^^)

うちじゃ 昔同居していた叔父が飲んでいたからそれを知っているくらいで わたしはチューハイとか・・そういうのしか飲んだことがないんですよね。

友達にはお酒好きも多いから 話しは聞くんだけど・・

よく本格焼酎って聞くけど・・本格っていうなら 本格じゃない焼酎もあるわけですよね?(・_・)

この本格焼酎 以前は乙類焼酎とも呼ばれていて 昔から日本で造られてきた伝統的なお酒だそうです。
単式蒸留機で一回だけ蒸留するから減量の風味や個性がちゃんと残っているのが特徴なんだって。(^^)

沖縄特産の「泡盛」は その中でも黒工事を使った焼酎だそうです。

一方 甲類焼酎は原料には特にこだわらず糖蜜などを発酵させたもろみから連続式蒸留機によって純粋なアルコールに近いものを造って それを水で薄めたお酒のこと。

・・・知らなかった・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

同じ焼酎と言う名前でも本格焼酎と甲類焼酎じゃ全然違うよね。

最近市場に出回り始めている「甲乙混和焼酎」って聞いたことはある?

じゃあ 本格焼酎とこの甲乙混和焼酎との違いは何かというと これは・・

乙類焼酎と甲類焼酎を混ぜたものなのです。

えーー??って感じですよね。(^^;;

だから表示を良くみてみると乙類焼酎と甲類焼酎の比率が記載されているの。

ついつい原材料名のほうを大きくかいていて

「麦焼酎」なんてかいているから 本格焼酎かと思えば・・違うものなんですね。(ーー;)

焼酎好きの人 自分の買った焼酎の表示よ~~くみてください。
それは本格焼酎ですか?
それとも甲類焼酎ですか?
もしくは・・・混和焼酎だったりして?

チューハイで楽しんじゃうわたしに 本格焼酎の味なんか偉そうに語れませんが 焼酎本来の豊かな素材の味わいと風味を楽しみたかったら やっぱり本格焼酎の味を知っておきたいですよね。(^^)

焼酎の歴史は古くて もう13~14世紀には中国大陸や南海諸島で製造されていたんだって。
素材にこだわっている本格焼酎は 米焼酎なら特有の吟醸香と芳醇でまろやかな味・芋焼酎ならふくよかな風味と独特の甘み・・とそれぞれ違った風味の違いを楽しめるものだよね。^^

我が家では 焼酎ってみんなが集まった時にワイワイ言いながら 楽しく飲むものっていうイメージなんだよね。
ざっくばらんな気楽な感じ?

子供の時はそういう風景って結構当たり前だったけど・・・今のわたしの家族にはそういう”近所の飲み会”的な風景がなくなっちゃったなぁ・・

気楽に楽しめる。
自分の好きな味を探せる。

そういう楽しみが焼酎にはあるよね。(^^)

|

« 予算重視の学生旅行 | トップページ | カメラもっていますか? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本格焼酎と混和焼酎:

« 予算重視の学生旅行 | トップページ | カメラもっていますか? »