« ハーブの取り入れ方 | トップページ | 大事だと思うビジネスマナー »

治験ってしっている?

今まで一度も薬を使用したことはない!

・・って人はほとんどいない・・ですよね?

ちなみに わたしは 去年病気しちゃって 以後 もう薬にはお世話になりっぱなしです><

薬局にだって新しい薬は出てくるけど それ以上に新薬の進歩に驚くのはやっぱり 病院で使う薬。
外国じゃ認可されているけど 日本じゃまだ認可されてないっていう薬も多いよね。

薬の情報を調べれば その日々の進歩には驚くと思うよ。(*^▽^*)

その薬の出現で多くの人が救われているんだよね。

薬1つ わたしたちが使えるようになるまで本当に長い時間がかかっているの。

もちろん 研究開発もあるんだけど それだけじゃなく 効果や安全性を確かめるために健康な人やその特定の病気を持つ人に協力してもらって薬を試す・・それを「治験」っていうんだけど その治験の期間っていうのもね。

わたしたちがその薬を使えるようになるまでは 多くの治験ボランティアの存在があるんだよね。

治験って聞くけどどこで参加するのかな?って思ったことない?

わたしは興味を持って調べたことあるの^^

いくつか治験ボランティアを募集している企業がネットでも探すことができるよ。
わたしも登録しているよ。scissors

たとえば 1975年に創設されたインクロムという企業があるの。

糖尿病を含む生活習慣病の薬の開発を進めているのね。

インクラムの窓口になっているのが メディカルボランティアセンターなんだけど ここでは現在疾患のある人を対象にした治験のみを紹介しているの

糖尿病って意外と患者が多いよね。
わたしの周りにもいるの><
軽いうちはまだいいけど それでも食事制限とか大変そうなのね。

既に自分や家族が糖尿病だって診断されている人もいるんじゃないかな。

TVでよく健康な学生とかが治験に参加して 拘束されて結構大変そうなところなんかが放送されていて 治験って 「一度参加すると逃げれなくて 大変で辛い」ってイメージ・・もったことない?

もちろん 治験って大変なところあるのよね。
わたしが実際に登録してみて一番に思ったのは

病院にいく日や日数が結構あって調整をするのが大変

なものがある・・ってところかな。(^^;;
(ただ これは募集案件によって 何日かかるとか 何回いくとか違う)
それで ついつい・・・応募できなかったんだけど・・

このインクロムのサイトのQ&Aを見て 

治験を申し込んだあとでもキャンセルができる・・

っていうよりも「治験ボランティアの人たちには、いつでも参加を取りやめることができる「辞退の権利」があります。」って 書かれていることにすごく感動したの。^^

治験に参加するボランティアのことをすごく尊重してくれていると思うのね。
治験説明会に参加したあとでも もちろんスケジュールがあるから返答の締め切りはあるけど 参加の返事はその場ですぐにする必要はないし 自分が納得するまで担当のスタッフや医師に説明を求めてもいいんだって。scissors

(写真は治験説明会の様子)
治験に参加すれば 通常より綿密な検査が受けれて自分の症状が把握できたり 生活習慣病の改善がされた・・っていう意見もあるようにメリットももちろんあるのね。

インクロムは 地域が大阪・東京だったから 残念ながらわたしは登録できないけど 対象疾患は糖尿病のほかにも 高血圧症・ぜんそく・ドライアイ・アトピー・・他にも緑内障や骨粗しょう症とかあるから 現在 その病気をわずらっていて 治験に興味のある人は一度チェックしてみるといいんじゃないかな。

ここは 大阪の治験病院の2階受付なんだけど すごくきれいで清潔的だよね。^^

治験って 正直 治験ボランティアのことを今回見るまで アルバイト・・お金稼ぎの一種だと思っていたのね。
わたしもそのつもりで登録したし・・

確かに ここでも 医療費は製薬会社が負担して 通院や日常生活が制限されることに対して負担軽減費が払われるけど・・

それはあくまでプライベートなことを犠牲にして負担(治験)引き受けたことに対する負担軽減費なのね。

治験は ボランティアなんだって・・・

ここが言うボランティアは「自分の意思でなんらかの活動に参加する人」のことなんだけど・・自分の病気のために・・でもいいし 同じ病気に苦しんでいる人に薬を提供するために・・でもいいし・・

でも お金のために・・じゃなく 病気に苦しむ誰かの元に薬を届けるために・・と思って参加することが大事なんだなって思ったのです。(^^) 

|

« ハーブの取り入れ方 | トップページ | 大事だと思うビジネスマナー »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/63725/30339122

この記事へのトラックバック一覧です: 治験ってしっている?:

« ハーブの取り入れ方 | トップページ | 大事だと思うビジネスマナー »