村上春樹の新作ついに発売!

7年ぶりの村上春樹さんの長編小説がついに2巻組みで発売されました。
\(^▽^)/

村上春樹の最新作「1Q84」

この作品 著者の「予断を持たずに読んでほしい」との意向で内容が一切明かされなかったのに予約が殺到し 発売前から増刷が決定したという驚きの作品なんですね。(^^)

村上春樹さんの作品といえば・・まったく ベタで申し訳ないんだけど やっぱり「ノルウェイの森」かな。
やっぱり 村上春樹さんの名を世に知らしめた・・・といえばこの作品になるんじゃないのかなぁ・・

気になるのは「海辺のカフカ」なの。
なんでも この作品はニューヨーク・タイムズの年間の「ベストブック10冊」に選出されたというくらい海外でも評価の高い作品なのね。

ちょっと暗い作風で・・・気軽に読めるって言うのはちょっと違うからついノビノビになっているんだよね><

でも この村上春樹さん 2006年に特定の国民性に捉われない世界文学へ貢献した作家に贈られるフランツ・カフカ賞を受賞して ノーベル文学賞の有力候補とも言い割れているんだよね。

その村上春樹さんの新作・・やっぱり みんな注目するよね~。

さて・・今回の新作は1Q84 a novel BOOK11Q84 a novel BOOK2の2冊組み。

セブンアンドワイのお客様オススメ度でも5点中4点を獲得する評価の高さなの。

みたら・・・

まだ発売前から みんなのワクワクレビューだった(笑)

これはちゃんと自分で買って 自分の目で評価しなさいってことなのかなぁ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

セブンアンドワイじゃ 6/8までポイント5倍もしているしちょうどいいのかもしれないね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミスター・ハーレクインコンテスト

ハーレクインって知っている?

26言語に翻訳され 世界109カ国で販売されている女性向けの恋愛小説です。v(*'-^*)bぶいっ♪
わたしも何冊か読んだ事があるけど・・・

ドキドキする大人の恋愛小説がそこに展開されているのです。(*´ェ`*)ポッ

そのハーレクインを出版しているハーレクイン社が日本創刊30周年を記念して2009年2月9日~3月31日に「ミスター・ハーレクインコンテスト」を開催していたのを知っていますか?

その結果発表がされたのです。\(^▽^)/

部門は
ミスター・ロイヤル
ミスター・ラテン
ミスター・クール

の3つ。v(*'-^*)bぶいっ♪

応募したのは 日本在住の外国人応募者212名。
やっぱり ハーレクインって言えば イケメン外国人男性だよね。(='m') ウププ

さぁ。。。気になるミスター・ハーレクインコンテストの結果発表は・・・(ΦωΦ)ふふふ・・・・

わたしは クール部門のアンディがいいなぁ。(*ノノ)キャ
みんなイケメンなのは当然なんだけどスーツ姿が本当にクールでかっこいいの。

でもね・・サイトにプロモーションビデオがあるんだけど その動画を見ると・・・

他の2部門もさすがなかなか・・・

ラテン部門のリッキーは本当にいかにも・・結構 ハーレクインにはこういうタイプ出てくるよね~。(゜ー゜)(。_。)ウンウン
ロイヤル部門のヴァンソンは私服姿がすごく可愛い~。(*^▽^*)

セレブレーションパーティも開催が決定していて この3人のミスター・ハーレイクインをマ間近で見るチャンスだよ。!

日付は2009年5/28.
18時会場で 19時からオープニング。
会場は 東京港区赤坂にあるGalaDear akasaka。
(サイトでちゃんと紹介されているからチェックしてね)
参加費は3千円で 軽食にワンドリンク付。

オオーw(*゜o゜*)w
結構 リーズナブルじゃない。

申し込みは4/28のメールマガジンに応募フォームがあるから 今すぐメルマガの登録をしてね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008 年間ランキング 発表!

2008 年間ランキング 発表!

ってこれは ネット通販「セブンアンドワイ」の本・雑誌・CD・DVDのランキングなの。(^▽^)/

ついついチェックしちゃいました。
DVDでチェックしたら・・・

わたしが買ったDVDが 10位以内にはいってないの><
悔しい~!

もっと人気あると思っていたのに・・かなりショックです。
まぁ・・それだけ 上位の作品に魅力があったってことなんだけどね。

本のほうを見ると まだ読んでないけど気になっている作品が・・

夢をかなえるゾウ

実はわたし この話 ドラマのほうで見ているの。
ちょっとむちゃくちゃなストーリーで コントみたいで面白いなぁ~というくらいでみているのよね。
それで本屋で人気があるってことで陳列しているのを見ていたんだけど なんとなく気になる・・ってだけで手にとってなかったんだけど・・

2008 年間ランキング 発表!で見つけたから クリックしてみたら セブンアンドワイじゃ お客様コメントって読めるじゃない?

そこをチェックしてやっと・・この本って 面白いだけの本じゃないっていうのを知ったの。(^^;;
なるほど・・人気がでるはずだわ。(゜ー゜)(。_。)ウンウン

(立ち読みで 4Pほど 中身が読めちゃうのもいいんだよね。)

ベスト10に入る作品は やっぱりそれなりの理由・面白さがちゃんとあるって改めて納得したのでした。

ベスト10以下も紹介されているし ぜひ 上位にどんな作品がランクインしているかチェックしてみてね。

Bnr_234_ranking_2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ハリーポッター』シリーズ最終巻

あの世界各地で人気をはくし 映画にもなっている『ハリーポッター』シリーズ
その『ハリーポッター』の日本語版最終巻がついに7月23日に発売になりますねhappy01

その名も

ハリー・ポッターと死の秘宝

うーん・・毎回 タイトルだけで ドキドキさせられますよね><
思えば 第1巻『ハリー・ポッターと賢者の石』が出てから もう10年もたつんだって><
既に海外では ハリー・ポッターと死の秘宝は去年に発売されていて 英語版が読める人は既に 読んじゃったという人もいますよね。
でも 英語版を読んだ人の中にも 日本語版の発売を楽しみに待っている人がいっぱいいて その内容の楽しさが今から想像できちゃうんですよね^^

『ハリーポッター』を見るたびに いつも魔法が使えたら・・って 子供に戻って想像しちゃうんですよ。^^
やっぱり ハリーたちが空を飛び回るシーンが わたしは好きかな。
魔法学園っていう設定も その魔法学園にいくのに 普通の人には見えないホームから出発するっていう設定も どれもこれもワクワクしちゃうの。
わたしが魔法が使えたら・・みんなが寝静まった夜の空をゆっくり漂うに飛びたいかな・・

今じゃ みんなが寝静まったところを探すほうが難しそうだから・・
眠りの魔法も覚えないといけないかな。(笑)

そんなことを想像しながら いつも楽しみに見ている『ハリー・ポッター』・・
ついに終わっちゃうなんて 寂しいかも><

そんな風に思いながら ふとみると・・・

なんと『「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻セット+静山社特製ハリー ・ポッター豪華木製BOX』というものを発見しちゃいました!!

これは最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の発売を記念して、「ハリー・ポッター」シリーズ全7巻と、「静山社特製ハリー・ポッター豪華木製BOX」をセットしているものでセブンアンドワイオリジナルセットなの。
かなり欲しい・・発売は7月下旬だし・・・買っちゃうかも><
でも 全7巻セットとはいえ・・フルセットで買うと いいお値段になるから 決断力いるなぁ・・
木製BOXだけでも買えるから・・・BOXだけでも・・・
でも これ ハリ・ポッターのハードカバー本がすっぱりきれいに入るようになっていて セットで持っていると

まさしく秘宝みたいなのよ!!

うーん><
欲しいよーー!!

予約受付は既にOKなので ぜひ見て 悩んでください。
『ハリー・ポッター』ファンなら かなりクラクラくるセットですよheart04

| | コメント (0) | トラックバック (1)

世界を変えるボタン

「世の中を変えるボタンがある」

そんなプロローグから始まる本が

「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」
2008年3月14日(ミシマ社より刊行)

なの。

謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」・・なんか すごいタイトルですよね。
わたしは RPGの世界を想像しちゃったよ。w

ほら なんでもない普通の人間がある日 冒険に出て仲間を集め レベルを上げ 勇者になって世界を変えるの。happy01
まぁ RPGだったら ただの人だと思っていた人が 実は勇者の子孫っていう設定はあるけど だけど 自分の中にどんな力が眠っているか 行動しなきゃ意味ないことは一緒だよね。(⌒-⌒)

そこで 出てくるエニグモって会社知っている?
バイマ、プレスブログ、フィルモ、ローミオ、シェアモという5つのサービスを展開している会社なの。
わたしが 特に知っているのは2つ

プレスブログ・・ブログを使った新しいクチコミ広告のサービスです。
既に 日本だけじゃなくて アメリカや韓国にまでそのサービスは普及しているんだって。

BuyMa(バイマ)・・世界五四カ国に30万人の会員を擁する誰でもバイヤーになることも 購入者になることもできるショッピングサイト。

「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」のなかでも その誕生シーンが書かれているんだけど それは本当に「世界のボタン」を押した瞬間なの。

そのボタンを押した瞬間に起こる変化は本当に小さな 小さなものなの・・
それは たった二人の会話から始まるの。
ふと自分が思っていた

「アメリカで暮らしていた時にいいと思ったものが 日本じゃ手に入らない・・それが手にはいったらいいのに」

そう思っていた 誰でもどこかで 何かに思っている疑問や不便さ・・それをどうにかしたいというボタンを押した瞬間から 世界規模へと広がるバイマが誕生していくわけ。

最初は小さな そのボタンの影響は 最初はゆっくりと・・そして徐々にスピードを上げ ボタンを押した本人でさえも知らない場所でも勝手に広がって行き・・・そして気がつくと世の中の価値観を変えるものになっている。

謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」ではそんな話が書かれているのね。

第1章 プロローグ
第2章 エニグモ誕生!
第3章 世界初第一弾 バイマ、オープン
第4章 失意からの挑戦
第5章 世界初第二弾 プレスブログ
第6章 世界初第三弾 フィルモ
第7章 世界へ

と語られていくんだけど 中にはなんとあの堀江貴文氏へのプレゼンのエピソードも書かれているの。
騒動になって 時の人になっちゃった堀江氏だけど 彼があそこまでビッグになったその片鱗が そのエピソードの中でしっかり見えているの。
改めて いろいろ言われた人だけど 彼にはボタンを押す行動力も そしてその時期を逃さない決断力もあったからこそ あそこまでいけたんだなって思っちゃったよ。

2008年3月14日に発売される 「謎の会社、世界を変える。エニグモの挑戦」 興味を持ったらぜひ読んで見てね。(^^)
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自費出版

最近 ブログや携帯サイトで素人がかいた小説が本や映画になったりしていてすごいですよね~。
ブログサービスの中にも 自分のかいたものを有料で本にするサービスがあるところも増えてきました。

自分でお金をだして 本を出す・・それが自費出版 ですよね。

一時期ブームとも言えるくらい いろんな人が気軽に本を出していましたよね。
自分のかいた物が 製本されて立派な1冊の本になる・・ってやっぱり嬉しいもんです。^^

実はわたしも自費出版には すごーーーく興味があります。

わたしが出したい本は2種類。
1つは ブログでずっとかいているペットの日記なんですよね。
正直 一緒にいるときはべつに記録なんて・・って思うんですが どうしても 普通ペットのほうが寿命が短いでしょ?
わたしの飼っているのは ウサギやハムや文鳥で・・ウサギや文鳥なんて7~10年も生きればいいし・・ハムなんて2年くらいしかないんです。
毎日何気なく書きためていった日記を 本にできたら・・・それはそのまま大事なアルバムにかわるわけですよね。

あともう1つ欲しいのは・・実はわたし 昔自分がストーリーを考えて友達と一緒に遊んだゲームの記録をもっているんです。
それはそのまま小説形式で手元にあるんですが 今はバラバラの用紙状態で・・しかも コピー品なので劣化していくのがすごく怖いんです。
これをできればちゃんと本にしたいなぁ・・って・・・

だけど 気になるのは自費出版 費用ですよね。

自費出版ブームの一方 スケジュールの遅れや金銭面でのトラブルも最近眼だって来たのは事実です。

決して安いものじゃないし だからといって 自分の記念として作る一生物だと考えれば無理な買い物じゃありません。
自分が信用できる会社で 納得の費用をかけて 一度 自分の本をつくって見るっていうのもいいかもしれないですよね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーキンバタフライ

身長180cm・・・

(うわー 背が高い カッコイイ!)

性別 女。

(げ!女か??)

という主人公なのが「ウォーキン・バタフライ」という漫画。

いまどき女性でも 180cmなんてモデルみたいー!! って思えるのに やっぱりコンプレックスは他人にはわからない・・ということで主人公ミチコはその身長ゆえに自分に自信が持てない。

「わかる」って共感できる人は多いんじゃないかな。

そもそも コンプレックスのない人間っているのかな?

まずは こっちのサイトにいってみて。

ここではちょっとだけ 立ち読みができるから「ウォーキン・バタフライ」がどんな漫画かわかると思います。

コンプレックスゆえにミチコが取ってしまう行動は 正直 わたしには同意できないところが多々あるけど その思いはなんとなくわかってしまう。

「コンプレックスだったものが 自分の一番の武器(自信になる)」

それを目指した漫画・・というのがわたしの感想かな。

もちろんそれは簡単な事じゃない。
だからこそ ミチコは まだコンプレックスである身長のために 恥ずかしい思いや辛い思いをして それをバネにしていつの間にか1つ階段を昇っている・・

わたしが好きじゃなかったミチコから がんばれ!って応援したくなるミチコへと 変化していっている。

自分のコンプレックスと向かい合うことは簡単なことじゃないし ましてやそれを自信に変えて行くことなんて・・・

だけど コンプレックスが自信に変わるタイミングって そのときを見逃しさえしなければ(それにいたる道は険しくても)決して無理なことじゃないんじゃないかなって思える漫画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダヤンの塗り絵

プレゼントしてもらいました♪

大好きなワチフィールド・ダヤンの塗り絵。

大人の塗り絵は 前も紹介したけど これはなかなかいいです。

なんとどういう風に塗ればいいのか解説ページ(これも色を塗ろうと思えば塗れます) 練習用塗り絵 本番塗り絵と 1つの絵に付いて3つも塗れる!

しかも ポストカードタイプの塗り絵もあるので できあがったら 誰かに送る事もできます。

なかなかいいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴキブリだもん・・・

我ならが・・こわいもの見たさ・・

雑誌にちょっと載っていた本に 興味をもっちゃいました。

そのまんま・・・「ゴキブリだもん」(^-^;

100種類以上のゴキブリの写真と解説が載っているらしいのですが・・それ以上に こわい・・と思ったのが ゴキブリ料理・・・・

ふざけた本ではなく ちゃんとした真面目な解説の本です。

真剣に観察し 真剣に飼育し 真剣に料理しています・・・こわい・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アダルトな本

こちらでは 夜中に 「ラブチェン」っていう番組をしている。

まあ・・夫婦を交換してみようっていう企画の番組なんだけど。

その中で出てきてたのか・・この本。
気になって 調べてしまいました。(笑)
まぁ・・外国版 四十八手 ってところでしょうか。
48どころか 日付ごとに かかれているみたいですが。<つまり 365日?

番組の中では 出演者たちが 自分の誕生日の体位を調べていたりして・・
わたしの誕生日のposition は なんだろう・・とか ちょっと考えてしまいました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧